トマト 赤色 リコピン

トマトの赤色はリコピン

トマトが赤色をしているのはリコピンという成分があるからです。

 

 

 

このリコピンは活性酸素の働きを抑制する強い抗酸化作用があります。

 

 

 

活性酸素とは、酸化する力を持った酸素です。普通に生活する分には問題ないのですが、紫外線を浴びたり、激しい運動などにより活性酸素は増加します。

 

 

 

酸化する力の強い酸素が体内で増えすぎてしまうと支障が起きるのです。

 

 

 

活性酸素自体悪いものではなく、場合によっては外部から侵入してきた菌を殺菌することで体内を正常な状態に維持してくれます。

 

 

 

ですが、増えすぎてしまうと正常な細胞にダメージを与える可能性があります。正常な細胞が壊されるとがんのもとになるわけです。

 

 

 

ほどほどであればよいのですが、増えすぎると老化を進行させてしまうこともあるそうです。

 

 

 

そういった活性酸素を抑制してくれるのがリコピンということになり美容健康的に話題となっている成分です。

 

 

 

リコピンが体内にあることで、体の酸化を抑えてくれる働きがあるので、シミをふせいだり、しわを出来にくくしたりと役立つうれしい成分なのですね。

 

関連ページ

13-oxo-ODAとは